ここからみんなではじめよう、
プラスチックの資源循環

BLUE Plastics Salon

資源循環社会の
実現へ向けて

地球環境保全が重要視されるいま、環境に配慮しながら利便性の高い製品を供給するため、廃プラスチックを資源として再利用する資源循環再生プラスチックの利活用が進んでいます。
しかし、これまでは再生プラスチックを利用した製品のリサイクルチェーン原料のリサイクル率を証明することは困難でした。
旭化成は、資源循環社会を実現するために、再生プラスチックのリサイクルチェーンを可視化することで安心して利用できる環境を整えることが必要だと考え、デジタルプラットフォームの開発を進めています。“資源循環と利便性の両立”という社会課題に対して、企業ごとの取組みだけでは解決が難しいため、リサイクルチェーンに関わるあらゆる企業から消費者まで、幅広くさまざまな方が利用ができる横断的なプラットフォームを目指しています。

BLUE Plasticsの目指す姿

About BLUE Plastics Salonとは

BLUE Plastics Salonは、デジタルプラットフォームを活用して資源循環社会を推進するために立ち上げられました。
廃プラスチックの資源循環を推進し、化石資源に依存しないサーキュラーエコノミー社会を実現するためには、廃プラスチックのループに関わる全ての生産者、販売者、消費者など、皆様が一丸となって行動することが必要です。
活動に関心を持つ幅広いステークホルダのための議論や情報共有の場として本サロンを開設し、皆様と一丸となって、資源循環プラットフォームの社会実装、新たなプラスチック資源循環活動を行い、資源循環社会を推進してまいります。
本サロンへ参画し、共にサーキュラーエコノミー社会を目指してくださる多くの企業様・団体様を歓迎いたします。
私たちと一緒に、プラスチック資源の循環社会を創っていきませんか?
皆様のご参加お待ちしております。

活動内容

  • サーキュラーエコノミーや廃プラスチック資源循環などの分野に関する講演会や勉強会の開催
  • サーキュラーエコノミー社会を実現するための会員同士の情報交換会の開催
  • BLUE Plasticsプロジェクトに関する情報提供会の開催

本サロンの会合を下記の通り予定しています。
入会される方だけでなく、入会をご検討中の方も、参加していただけます。
詳細は、下記の案内をご確認ください。

What 「BLUE Plastics」について

Blockchain Loop to Unlock the value of the circular Economy

「BLUE Plastics」とは、再生プラスチックの資源循環を可視化するプラットフォームです。廃プラスチックの資源循環を推進しサーキュラーエコノミー社会の実現を目指しています。実現のためには、消費者である我々の行動が大きな役割を担います。
リサイクルチェーンに関わるさまざまな企業や消費者が幅広く利用できるデジタルプラットフォームとして、リサイクルチェーンの可視化消費者行動変容を実現し、資源循環を推進します。
BLUE Plasticsの活動を通じて、ともにサーキュラーエコノミー社会を実現しましょう。

リサイクル証明
  • リサイクル品が選ばれる未来の世界で、リサイクル由来であるという「ストーリー」を正しく伝えたい
リサイクル文化の創造
  • 環境意識の高い消費者に安心してリサイクル製品を買ってもらえるようにしたい
  • 消費者の環境貢献を可視化することで更なる行動を動機づけたい
  • これによってリサイクルを促進・定着させ、新たなリサイクル文化を創造したい

デジタルプラットフォームで実現

技 術

ブロックチェーン

科学的な分析では証明が難しい「リサイクル由来であること」をブロックチェーン管理により証明

*ネットワークに参加しているユーザーが相互にデータを保持し合うことにより、情報の透明性を担保し改ざんを防ぐ技術。

機 能

リサイクル証明、リサイクルチェーン透明化、消費者行動変容

ブロックチェーン技術
×
リサイクル
リサイクル文化の
デジタルプラットフォームを開発

デジタルプラットフォーム
〈 プロトタイプ 〉
のご紹介

01 クラウド上にブロックチェーンプラットフォームを構築し、消費者用を想定したプロトタイプが完成しました。

02 3つのポイントで、消費者まで巻き込んだリサイクル文化の創造を目指します。

3つのポイント
  1. Point
    01
    リサイクル率の確認
  2. Point
    02
    リサイクルチェーンの可視化
  3. Point
    03
    消費者行動変容の仕掛け
詳しく見る

デジタルプラットフォームの
3つのポイント

Point 01リサイクル率の確認

消費者がリサイクル・プラスチック製品についている二次元バーコードを読み取ると、再生プラスチック使用率を確認できます。表示されるリサイクル率はブロックチェーンで管理。

ブロックチェーンが
「リサイクルを証明」

Point 02リサイクルチェーンの
可視化

消費者がリサイクル・プラスチック製品についているQRコードを読み取ると、リサイクルチェーンとプレイヤーをさかのぼって確認できます。データはブロッチェーンで管理されており、来歴の透明性を担保。

来歴の透明性により
消費者に「安心」を提供

Point 03消費者行動変容の仕掛け

リサイクル行動にポイントを付与し、消費者の環境貢献体験を記録し可視化。消費者の行動変容を促します。

消費者を巻き込んだ
リサイクル文化を醸成

Meeting
BLUE Plastics Salon会合について

当サロンでは、メンバーの皆様と情報共有・情報交換ができる場として定期的に会合を開催します。
是非ご参加ください。

第4回会合(告知)

日時
2022年11月2日(水)14時~16時(予定)
内容
● BLUE Plasticsのコンセプトご説明
● サロンメンバー各社様のお取組み・製品事例等紹介
● 新規メンバー紹介
● 実証実験経過御説明    等
会合は対面・オンライン併用で実施予定です。メンバーの皆様、是非ご参加ください。

参加のお申込みはこちら

Report
BLUE Plasticsプロジェクトにおける
実証実験の結果報告

本プロジェクトにて開発したデジタルプラットフォーム プロトタイプを用いた実証実験を実施し、消費者の意識・行動の変容に対する有効性を確認しました。

詳細レポートはこちらからダウンロードいただけます。
(ダウンロードに際し、いくつかご記入いただく項目がございます)

ご興味のある方は、こちらよりアクセスください。

Member
BLUE Plastics Salon参画メンバーご紹介

資源循環に関わる、さまざまなサプライチェーン企業様にご参画いただいております。
1社ではかなえることが難しい資源循環社会の実現に向けて、皆様の御参画、お待ちしております。

参画企業様(敬称略/五十音順)

  • アスクル株式会社
  • 株式会社ADEKA
  • アミタホールディングス株式会社
  • いその株式会社
  • 伊藤忠商事株式会社
  • 伊藤忠プラスチックス株式会社
  • 伊藤忠メタルズ株式会社
  • 株式会社 Wood Life Company
  • SAPジャパン株式会社
  • FCNT株式会社
  • オザックス株式会社
  • 株式会社カナエ
  • 岐阜プラスチック工業株式会社
  • コスモ石油マーケティング株式会社
  • 三洋化成工業株式会社
  • 資源循環システムズ株式会社
  • 株式会社深遠商事
  • 住友重機械工業株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 株式会社セールスフォース・ジャパン
  • 大日本印刷株式会社
  • DIC株式会社
  • Digimarc Corporation
  • 帝人フロンティア株式会社
  • 株式会社TBM
  • デンカ株式会社
  • 東罐興業株式会社
  • 東洋インキ株式会社
  • 東洋製罐株式会社
  • 東洋製罐グループホールディングス株式会社
  • 凸版印刷株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • 日揮ホールディングス株式会社
  • 株式会社ニフコ
  • 日本クロージャー株式会社
  • 日本製紙株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 日本乳化剤株式会社
  • ネスレ日本株式会社ネスレピュリナペットケア
  • PSジャパン株式会社
  • 藤倉化成株式会社
  • 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
  • マゴクリエーション株式会社
  • 三菱電機株式会社
  • 矢崎部品株式会社
  • ユースキン製薬株式会社
  • ユニアデックス株式会社
  • 横河ソリューションサービス株式会社
  • 株式会社リコー